↑フォローよろしく!

DMM亀山会長の意見に同意。資産運用なんて真剣にするな!

投資全般
スポンサーリンク
サクソバンク証券(DRIP)

たまたまネットサーフィンをしていたら面白い記事を発見したので紹介しておく。

・~若いうちはそんなことに時間を割くよりも、自分の価値を上げることを頑張ったほうがいい。25歳なんてこれから本格的に仕事をしようっていう大事な時期なのに、そんなときに資産運用なんて、なに眠たいこと言ってんだって話だよ。

若いうちから資産運用なんてありえないよね。だって、自分で仕事やったほうが稼げるじゃない。

引用「新R25 20代ビジネスパーソンのバイブル」 経済・マネー2018.08.02 by 新R25編集部 https://r25.jp/article/573779825706368119

これはDMM亀山会長の発言だ。亀山節が全開だ。

亀山 敬司(かめやま けいし、1961年3月 – )は、日本の実業家。DMM.comグループ創業者、現DGホールディングス会長、合同会社DMM.com 会長 兼 CEO、株式会社DMM.com Base 代表取締役会長。「アダルトビデオ界の大物」と称されてきた。

Wikipediaより

上記の氏の発言だが、俺も同感である。何?投資のブログを書いおいて、資産運用を否定するのかって?まあ最後まで話を聞くんだ。俺は、資産運用は絶対にするべきだと思う。ただし、それに全力を傾けることには反対だ。

<資産運用に全力を傾けてはいけない理由>

理由1)先に元手を増やすべきだから

まず、投資は元手の多さがものをいう。例えば、1億円投資した場合と100万円投資した場合、利回りが5%あるとすると、リターンは1億円の場合は500万円、100万円の場合はたった5万である。年5万円しか儲からないなら働いたほうがはるかにまし。少ない元手しかもたないお前たちは亀山会長が言うように、己が稼いだほうがよい。そして、稼いだ金を投資金に充当すべきだ。人が持つ資本は、人的資本(=労働力)と金融資本(=金)に大別できる。まずは人的資本の最大化を目指したほうが効率的である。金融資本の最大化はその後だ。

理由2)投資を勉強しても結局相場の動きはく分からないから

お前たちがいくら専門書を読み漁ったり、徹底的に決算書を精査したり、日々チャートを追いかけたり、国内外情勢に目を光らせていても、投資が上達するかといえば、それはない。複雑極まる相場の動きは、はっきりいってプロでも分からない。お前たちは言わずもがなだ。そんな曖昧模糊な投資に貴重なリソース(金・時間・労力等)をつぎ込むことは実に効率が悪く馬鹿げた行為と言える。

そういうわけで資産運用なんて真剣にするもんじゃない。バフェットやシーゲルの本も読む必要なし。インベスターQのブログだけ読んでおけば、最低限押さえておくべき投資知識を身につけることができる。

お前たちの取るべき投資指針は以下の通り。

①まずは人的資本の最大化

  • 本業で稼ぐ
  • 本業や好きなことをスキルアップ→稼ぎ力強化→さらに稼ぐ

②次に金融資本の最大化

  • ①で稼いだ資金を、アメリカのインデックス型ファンドや優良株に投資→後は風呂に入ってクソして寝てろ

ちなみに①と②を同時進行で行うとなおよい。投資経験を積んでいけるし、時間を味方にして着実に資産を増やしていける。最も最悪なのが、②ばかりにリソースを集中してしまうことだ。

Q
Q

とっとと働け!

↓ブログランキングに参加しているので応援よろしくな!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました