↑フォローよろしく!

株式投資=結婚

投資全般
スポンサーリンク
サクソバンク証券(DRIP)

バフェットは株を購入を結婚によく例える。

俺も株購入はパートナーと結婚するようなものだと思う。結婚は基本的に死ぬまでのお付き合いになるのだから慎重に慎重を重ねて相手を選ばなければならない。株も同様に死ぬまで付き合うつもりで購入しなければいけない。

結婚生活はやがて倦怠期を迎えて、結婚当初のドキドキ感が消え伏せるが、それが夫婦というものだろう。株も基本的に売るつもりがないので、値動きも気にならず次第に退屈になってくるが、それでいい。投資は退屈が一番だ。

結婚生活は時に夫婦の相互不一致で終わりを迎えることがある。離婚だ。株も、企業業績の悪化や株価暴落で売りたい衝動に駆られることがよくある。しかし、その企業が本当に優良企業であるならば売ってはいけない。株を途中で打ったら、手数料がかかるし、利確しているなら税金が発生してしまう。そして長期保有によってもたらされる複利の効果が効かなくなる。

株式投資は結婚だと心得よ!

Q
Q

慎重に慎重を重ねて未だ独身だ!

↓ブログランキングに参加しているので応援よろしくな!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました