↑フォローよろしく!

VOO/VTI売却を決意

ポートフォリオ
スポンサーリンク
サクソバンク証券(DRIP)

俺の実力を知らしめるために資産を早く増やす必要があり、現在ポートフォリオを見直している。

早く増やすということは、自ずとグロース投資に移行する必要があり、更にリターン率の高い成長銘柄を保有する必要性を感じている。

2019年8月28日現在
2016年11月トランプ大統領当選確定後〜現在

このチャートは米国市場の潮目が一気に変わった2016年11月9日トランプの大統領選勝利から現在に至るまでのインベスターQ保有株の伸び率を表したものだ。MSFTとVは何も言うことはない。QQQもそれなりの出来だ。問題はVOO /VTIとAPPLだ。

●VOO /VTI等…2017年のロケット打上相場以降は沈黙。安定感あるが、しばらくは上がりも下がりもしない気配。

●Apple…2018年後半までは順調そのものだったが、米中関税合戦が勃発後、その煽りを受けて乱降下を繰り返している。

まずはグロース投資に転じるにあたり、伸びないVOO保有率を大きく下げて他の銘柄を買おうと思っている。候補は以下の通り。

〈新規購入銘柄候補〉
・HD ・ABT ・MCD ・SBUX ・NEE ・SPGL ・MSCI ・QQQ(追加購入) ・他

APPLEに関しては悩ましいところではあるが、もう少し様子を見ようと思う。唸るほどある潤沢なキャッシュフローはやはり魅力的だ。それに俺の憶測に過ぎないが、トランプは来年の大統領選に向けて対中関税を緩めてくるのではと思っている。Apple CEOのクックが直接トランプにガンガン電話をかけて説得しているようだし、トランプもクックのことを好意的に捉えていて真摯に話を聞いているようだ。スティーブ・ジョブズがアイデアの天才なら、クックは懐柔の天才だ。期待してるぞ。

そういうわけで、俺は新規購入銘柄候補の研究に入る。久しぶりに腕が鳴るぜ!

Q
Q

何買おっかなあ〜。

↓ブログランキングに参加しているので応援よろしくな!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました